2009年09月23日

山岡荘八

山岡荘八
藤野庄蔵(1907-1978・明治40年-昭和53年)
昭和53年9月30日歿 71歳
(山岡院釈荘八真徳居士) 神奈川・春秋苑墓地
従四位勲二等瑞宝章叙勲。

新潟県北魚沼郡小出町の山内家に生まれ、加賀安宅の藤野家に入ります。1938年に「約束」で「サンデー毎日大衆文芸」入選。長谷川伸の新鷹会に入会し、新しい文学の創造を目指します。第二次世界大戦中は従軍作家として各戦線で活動。戦後、大ベストセラー『徳川家康』によって国民作家となります。同作品で第2回吉川英治文学賞を受賞。

その一方で保守系の政治家や文化人との付き合いも多く、1963年には麻薬追放国土浄化連盟を福田恆存・市川房枝・田岡一雄・田中清玄らと結成。1974年には谷口雅春や岡田光玉と「日本を守る会」を結成し、これは現在の日本会議へとつながっていきます。自衛隊友の会会長も務めていました。
【関連する記事】
posted by ss at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。